『七子の妖気』 2012/日本/カラー/58min/週末風OLムービー

     
<13 いわきぼうけん映画祭 招待作品 選出>
<14 伊賀の國 忍者映画祭 地ムービー部門 入選>
<14 にいがた妖怪映画祭 入選>
<14 高砂映画祭 高砂商工会議所会頭賞 受賞>
<15 那須温泉映画祭 上映作品 選出>

           温泉レディ
いざ行こう! 週末OL


監督・脚本・編集/ 松本卓也 

【ストーリー】
七子は、東京の会社に勤務している真面目なOL。
週末、七子は同僚の女友達を連れ、実家の温泉旅館に帰ってくると大変な事になっていた。
風呂場に妖怪が出現して、お客様が寄り付かなくなってしまっていたのだ。
七子はのんきな両親に変わり、実家の湯を守るため奮闘を始めるがー

【 解 説 】
ロケ地は、岐阜県にある日本三大名泉の「下呂温泉」。
温泉街独特の風情や、重要文化財となっている合掌造りの家屋など、日本を象徴するような情景が画面を通して伝わってくる。
また従来の妖怪の概念を裏切る、ダメで陽気な妖怪たちも魅力的。
妖怪と温泉、一見繋がらない二点を結び、軽快にまとめ上げた松本オリジナル脚本もみどころ。
妖怪というフィルターを通して現代人を映し出す。

出演者/
田中 絵瑠(姫リアンズ)  工藤 史子  市ノ瀬 由紀(姫リアンズ)  岡本 まなこ
山根 豊治  ミョンジュ  山下 ケイジ  岡村 崇壽  巴山 祐樹  荒木 秀行  島 隆一
高山 未帆(姫リアンズ)  ユウコ(チャンベビ)  野 英樹  清水 千秋 
河村 唯  細江 秀生  飯沼 正樹  バクザン  二村 登美夫  立浪 雅人 
熊崎 良三  裁 勝義  松本 卓也  佐藤 快磨  渡邉 聡  仲島 秀和

スタッフ/
撮影:とりやま先生  撮影助手:矢嶋 杏奈 マックレイン
演出チーム:藏岡 登志美  野本 梢  棗田 知佳子  佐藤 快磨
照明:玉田 奈穂子  録音:中川 智仁  渡邉 聡  飯沼 正樹  録音サンクス:鈴木 はるか  
衣裳:中條 夏実  ヘアメイク:ERIKA OINUMA  美術:奥羽 未華  山口 ひかり
記録:佐藤 千鶴  制作:勝又 ゆき  制作応援:青柳 智  仲島 秀和 
スチール:奥羽 未華  多田 浩志  音楽:バクザン夫婦
岐阜ボランティアスタッフ:立浪 雅人  小木曽 恭子 

予告編:原田 権也  フライヤーデザイン:猪瀬 まな美  パンフレット:中條 夏実
プロデューサー:添田 彩恵  キャスティング:齋藤 桃子  シネマ健康会

≪劇中歌≫
「ゲロゲロレッツゴー!」 歌・作詞・作曲 バクザン
「週末OL 〜温泉レディー〜」 歌:チャンベビ 作詞・作曲 是松 裕子

≪機材協力≫
内田 直人

≪ロケ地協力≫
下呂温泉 望川館  下呂温泉 合掌村  下呂交流会館 
下呂温泉事業協同組合  下呂温泉 足湯の里 ゆあみ屋  森 麻紀

≪衣裳協力≫
下呂温泉 望川館  下呂温泉 合掌村  セリザワケイコ

≪美術協力≫
佐藤 拓郎  猪瀬 まな美  TANAKA KOOPMANS JUNICHI

≪スペシャルサンクス≫
レッツぎふ  有限会社 アンファン  ワモノヤトウキョウジョウ  イツモレンタカー 中河原駅前店 
ニューシネマワークショップ  鈴木 泰治  まるひめ

≪協力≫
下呂市コンベンションビューロー 下呂市役所 観光課  岐阜フィルムコミッション

≪後援≫
下呂温泉 望川館

製作:シネマ健康会








フライヤー



作品紹介へ

topへ