『男たちの馬歌〜天狗の島変〜』 2007/日本/カラー/65min/冒険風バキュメント

島民の知らないもう一つの島の顔ー



企画・監督・隊長 松本 卓也

【ストーリー】
松本冒険隊が、天狗の住んでいたという島に行き、謎解きガチンコ取材を敢行!
しかし島の人々は天狗の話をかたくなに否定する。行き詰る冒険隊。
さらには冒険中、隊員の一人が…?!
そして出発前に肺炎の病気にかかった隊長に、容赦なく島の巨大な怪鳥が襲う!

他にも、「徳川家康 来島の痕跡」、火葬場の上に建てられた「廃ホテル」、
釘を打ちつけた「呪いの木」、更には大昔、島に疫病をもたらせた島の禁区域「あがたの森」にまで強行取材!
ついには、その森の怒りを静めたという、類を見ない形の伝説の御神体へ辿り着く!

上映後、島民も知らなかったと大反響!
馬歌シリーズ第二段にして、多数の謎に果敢に挑む!
必見の新感覚 馬歌(バカ)流ドキュメント。
日本には、いまだ未知の領域があったのだ。

【松本冒険隊とは】
松本隊長率いる冒険チーム。
実在する島に行き、伝説や秘祭、U.M.A(未確認生物)等を
やらせ抜きのガチンコ取材、体当たりでリポートする。
トレードマークとして隊員は赤のツナギ、スタッフは馬歌Tシャツを着用。

この物語は 馬鹿な人生を謳歌している
バカばかしい 人間のリアルドキュメント
いわば バキュメントである

隊長 松本卓也
隊員006 岡村崇寿
隊員007 市場絹枝
隊員008 寺尾博

協力 佐久島の皆さん

製作 シネマ健康会



作品紹介へ

topへ